ITコンサルタントの年収は高い?現役ITコンサルタントが解説

ITコンサルって給料高いって聞くけど、本当?って疑問あるあるですよね。

現役ITコンサルの私がそんな悩みに回答します。

ITコンサルタントの年収は高い?

私自身ITコンサルタントとして働く前はエンジニアとして働いていましたが

結論は年収高いです!

エンジニアも年収高めですがITコンサルタントの方がより高いですね!

日本の記録によるとITコンサルタントの平均年収は約653万円。

それに対して、日本人の平均年収は約432万円なので約1.5倍です!

ただ、コンサルタントの場合は勤続年数でどんどん給料が上がるという日本企業とは違いますのでその点を解説します。

ITコンサルタントの年収が上がる基準

完全実力主義です。

私の経験ですと、年度末に評価を付けますが役職ごとに評価で全員の順序をつけ、正当に評価がなされるように評価会議が実施されます。

役職の中で上位の人が昇格していきます。

また、順位が高いほど、年収の上がり幅も大きくなります。

私が知る限りでは上位だと50万〜100万くらいは年収UPしますね。

また、昇進して役職がついたりするともっと上がることもあります。

なぜITコンサルタントは年収高いのか

気になりますよね。

私が考える理由をいくつか紹介しますね。

理由1:業務特性上、単価が高いため

ITコンサルは基本的に他の会社の悩み事をお金をもらって解決する仕事なので

弁護士などと同じように単価が高いんですよね。

理由2:コンサル会社はオフィスが小さいから

ん?ってなりました?笑

大きなコンサル会社で社員数も多いのに、それに対してオフィスはすごく小さいってことがコンサル会社にはあるあるなんですよ。

オフィスが小さいと、賃料などが安くなりますので

多くのコンサル会社は浮いたお金を社員の給料に還元しているんですよね。

なので年収が高くても会社が回るんです。

ただっぴろいオフィスにお金使われるよりも還元してくれた方が働く側としても有り難いですし、仕事のモチベーションも上がりますよね。

まとめ:ITコンサルタントの年収は高い?現役ITコンサルタントが解説

ITコンサルタントの年収について、まとめてきました。

他の職業と比べると年収高いですね。

年収高いというのは職業の魅力の1つなので、人気がある理由もわかります。

年収については分かったけどITコンサルタントの仕事ってどんな内容だっけって方はまずはこちらからどうぞ
ITコンサルタントとは?SEとの違いは?現役ITコンサルが解説

新卒でITコンサルタントになりたい方はこちらもどうぞ
ITコンサルタントに新卒からなるには?現役ITコンサルが解説

では、また次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク

フォローする