ITコンサルタントとは?SEとの違いは?現役ITコンサルが解説

ITコンサルタントって何?とかITコンサルタントとシステムエンジニア(以下SE)の違いって何って疑問、よくあると思います。

新卒でこれから就活!って方は特に違いがわからないですよね。

元エンジニアで現役ITコンサルタントの私が解決します。

ITコンサルタントもSEも経験している私が体験談から代表的な仕事の例を紹介しますね。

ITコンサルタントとは、SEとの違い

ITコンサルタントとは「ITを用いて経営・ビジネス上の課題を解決すること」が定義ですね。

一方でSEの定義は「顧客が求めるシステムを構築すること」です。

ちょっとわかりづらいですよね。

簡単に言うとクライアントに与えるサービスが違います。

ITコンサルタントはザックリ言うとITを利用して、会社のコストダウンをしたいとか、会社内で情報が分断されているから横断的に情報が見られるようにしたいとか、ITでなんとかしたいけどクライアントには具体的な解決策がないから、解決策を提示するというのがメインの仕事です。

一方でSE側はクライアント側でこういう風にITを利用すれば解決できる!と見込みが立てられる場合にその要求をシステムに落とし込んで、システムを作って上げるっていうのがメインの仕事です。

それぞれ具体例を挙げながら噛み砕いていきましょう。

具体例で見るITコンサルタントとシステムエンジニアの違い

実際は同じようなソリューションで解決できる問題をITコンサルタントに相談した場合とシステムエンジニアに相談した場合で見ていきましょう。
私の実体験を簡単にしてご紹介しますね。

まずクライアントが困っていることはこちら。

  1. 会社内にシステムがたくさんあり、情報があちこちのシステムに散財
  2. 社外への情報提供のため、特定のデータをまとめて提出するが1によりかなり作業コストが高い

昔からある企業などでは一度はぶつかる問題ですね。

ITコンサルタントの場合

上記のクライアントの問題が記載のまま、解決したいこととしてクライアントから提示されます。

ITコンサルタントはこの問題をITを活用してどう解決するかを提案するという仕事になる訳ですね。

この場合だと、私だったらこんな解決策を提示しますかね。

  • 1に対する解決策:情報分析や収集のための社内情報網羅システムを構築
  • 2に対する解決策:社外の先方毎にフォーマットやマスキングの要否等が変わることが考えられるので、社内情報網羅システムにデータダウンロードフォーマットのカスタム機能を実装し、作業コストを低減

これにより2つの問題(情報がバラバラに存在すること、情報をまとめる作業コストが高い)が解決できますよね。

このようにどうしたらクライアントの問題を解決できるかを提示するのがITコンサルタントの基本的な仕事ですね。

SEの場合

クライアントの困りごとを再掲しますが、SEに依頼する際はこのまま困りごとを相談されることは少ないです。(クライアントのレベルによりなくはないですが・・・)

  1. 会社内にシステムがたくさんあり、情報があちこちのシステムに散財
  2. 社外への情報提供のため、特定のデータをまとめて提出するが1によりかなり作業コストが高い

どのように相談されるかというと

「前述の1,2の問題があり、弊社では情報分析や収集のための社内情報網羅システムを構築し、そこでデータダウンロードフォーマットをカスタムする機能を実装することで解決しようと考えているので、社内情報網羅システムとデータダウンロードフォーマットをカスタムする機能を作って欲しい」

という感じです。

クライアントが解決策の案まで提示した上で、そのシステムを作って欲しいという相談ですね。実際にここからシステムを作っていくのがSEのメインの仕事になります。

まとめ:ITコンサルタントとは?SEとの違いは?現役ITコンサルが解説

ITコンサルタントとは?SEとの違いは?についてまとめてきました。

具体例を見るとITコンサルタントは問題の解決策を考えて提案するという仕事、SEは問題の解決作となるシステムを作る仕事と言えるかもしれませんね。

ただ、ITコンサルタントとSEの境界線はかなりグレーなのが業界の実情でSEにも解決策の提案を依頼する。と言ったことやITコンサルタントにシステムを作るのも依頼すると言ったことも珍しくありません。

なので、システム開発会社やITコンサルの会社は、システムを作る部隊と解決策を提示する部隊の両方を持っていることが多いです。

では、今回はここまで。

また次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク

フォローする