現役ITコンサルタントの1日!激務?現役ITコンサルが解説

ITコンサルタントってどんなふうに1日過ごしているの?激務って聞くけど、本当?って疑問あるあるですよね。

現役ITコンサルの私が実際の仕事内容を公開して解説します。

ITコンサルタントの仕事ってどんな内容だっけって方はまずはこちらからどうぞ
ITコンサルタントとは?SEとの違いは?現役ITコンサルが解説

新卒でITコンサルタントになりたい方はこちらもどうぞ
ITコンサルタントに新卒からなるには?現役ITコンサルが解説

現役ITコンサルタントの1日

早速見ていきましょう。

今回は私がクライアントのシステムをクラウド環境に移行するプロジェクトを担当していた1日をあげますね。

時刻イベント解説・余談
8:00起床おはようございます。
9:30出社クライアントのオフィスに出社。この時は通勤30分くらいでしたね。
10:00進捗報告会議朝イチで進捗報告会ですね。前日に内容は準備しているので淡々と状況報告
11:00クライアント会議PJ計画を検討中でPJのスコープや必須な要素、PJの工程の組み上げみたいなことをクライアントの要望を聞きながら、現実感のある計画に落とし込みます。
12:00昼食クライアントと昼食。海老ラーメンにハマってました。
13:00仕事再開午後は午前中にヒアリングした内容を計画に落とし込みます。部下に細かい調査などを任せがら私はPJ計画の大筋のストーリーを作成
16:00部下と打ち合わせ部下にお願いしたタスクの状況確認。大体人によって完了状況にばらつきあるので、タスク再分配も。
17:00翌日の準備部下がまとめてくれた情報の取り込みや翌日の会議の準備など。優秀な部下が多いと私のアウトプットテイストで彼らも仕上げてくれるので助かります。
19:00決起集会PJが始まり、ようやくメンバーが集結。クライアント、我が社のメンバーで決起集会。古いかもだけどこういうのがPJを円滑にしたりするよな〜と感じるこの頃。
23:00解散2軒目の途中でこの日は退散。
23:30帰宅1日お疲れ様でした。

こんな感じですね。

この頃は私は新しいクライアントの新しいPJということで、いろいろキャッチアップすることが多くてなかなか大変でしたが、PJで下についてくれたメンバーが優秀だったのでだいぶ助かりました。

私がITコンサルやってきた中では仕事の内容的にはこのPJのようなものが多いですね。クライアントからやりたいこと、その期限、制約となる事項とかPJの前提になる部分をヒアリングして、その前提の中でベストな案件となるようにプロジェクトの計画を立てる。

私は結構この仕事が好きでクライアントから意見を引き出し、クライアントにとってベストなプランを提案し、感謝される。新規のクライアントの場合は関係構築ができるまでドキドキしますが、自分が納得いく仕事ができれば「またよろしくね。」と言われたりして、すごく嬉しいですね。

また、今回は平均的な1日をあげたので激務には見えないと思います。

ですが、炎上しているPJのリカバリに入ったりした際はもっと業務時間長いですね。終電までとか、終電超えたりもあります。

結局は他の仕事と一緒で波があるんですよね。

ITコンサルタントがよくあるのが、すごい大変な仕事を半年やって

その後、1ヶ月は仕事せずに休む。(私がやるときは南国いっちゃいます笑)

仕事と休みのメリハリが激しいですよね。笑

まとめ:現役ITコンサルタントの1日!激務?現役ITコンサルが解説

まとめてきましたがいかがでしょうか?

ちなみに1日で紹介したプロジェクトが1年後に終わり、それから1ヶ月は有給などを駆使して1ヶ月お休みして、南国で遊んでました。笑

ITコンサルタントは激務な時期もあるとは思いますがその分まとまった休みも取ることが可能です!

皆さんもITコンサルになったら休みに南国で楽しみましょう!

では、また次の記事で!

スポンサーリンク

フォローする